海外口座のメリットと注意点

海外口座のメリット・注意点

海外FXを選ぶ理由を3つのメリット

高いレバレッジ

外為取引(FX)の最大の特徴は、FX業者に委託した資金(証拠金)の数倍から数百倍の取引が出来ることです。この原理を『レバレッジ(leverage)』(あるいは『レバレッジ効果』)といい、手元の資金が少なくても大きなリターンを期待することが可能です。

 

日本の金融庁ではハイレバレッジ競争の過熱感を懸念し、2010年8月までに最高レバレッジを50倍に、そして2011年には全てのFX業者のレバレッジを25倍までに引き下げることが決定しました。

 

日本のFX業者は、低レバレッジの運営を余儀なくされ、一部ではFX事業を廃止した業者もあります。
このような、日本の市場にも影響を受けない海外のFX業者は、従来の通り最高1000倍までの高いレバレッジを提供しています。国内の業者から海外の口座に移転するトレーダーは今も増えています。

 

反面・・・レバレッジ効果は、こうした多額の取引を行って大きな利益を期待できる反面、予想どおりに相場が動かなかった場合には、逆に損失も巨額になってしまいます。
損切りをしっかり設定するなど、運用上には注意が必要です。

 

豊富なボーナスが充実

海外FXの魅力の1つに入金額に対して一定額のボーナスがもらえるということがあります。これは、日本ではなじみがありませんが、海外のFX業者では一般的な制度です。
制度としては、入金額に対して一定の割合(%)でボーナスを加算する業者が多く、平均2%〜5%ぐらいが一般的になっています。

 

自動売買に対応

当サイトで厳選した海外FX業者の多くは、MetaTrader(メタトレーダー)という取引ソフトウェアーを使っています。MetaTraderとは、ロシアのMetaQuotesSoftware社(メタクォーツ社)によって作られた、FX・CFD用のトレードソフトウェアーで、世界中で最も多く利用されているチャートソフトと言われています。

 

このMetaTraderの特徴の1つとしては、EA(Expert Adviser)というプログラムにより、売買条件を組合わせて、オリジナルの取引システムを構築することができることです。これを、システムトレーディングといい、そのシステムに従って自動で取引を行う投資手法のことを、オートトレーディング、自動売買システムなどと呼ばれています。自動売買システムは、自分の心理状況に惑わされることなく機械的に取引を行うことができ、メンタルに惑わされない統計的、機械的な売買が24時間可能になります。

 

海外口座の注意点

海外FX会社を利用するにあたり一番不安な点は、やはり大切な自分の資産を預ける「信用」です。そこで安全なFX会社の見分け方をご説明します。

 

金融免許の有は、正規のルールに則って業務を行っているという証になります。
海外FX会社なので日本の金融免許が無くても、その会社が本拠地とする国の金融免許があればOKです。

 

世界的な知名度は、どれだけ多くのユーザーに利用されているかの判断の基準となります。
知名度の高いFX会社は、すでに多くのユーザーを獲得しており、安定した運営を目指す傾向にあります。

 

 

高レバレッジがゆえに、損失が拡大といった事も想定されます。
必ず、損切りのオーダーを入れる等して、リスク管理をしてください。

 

失敗しないためのポイントは、安全性や日本語サポートがしっかりしている業者を選ぶことです。
また、リスクを加味したうえで資金管理を行いましょう。

 

 

<%fxdd%>